:初期位相

押井映画の深淵に向け疾走中

『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』を観ました。

HideoTube (ヒデチュー) 第01回: 2015年映画TOP10

ヒデチューで4位だったオン・ザ・ハイウェイ、3月の時点で今年のベストかな、

 

-どういう映画?-

男の人が電話したり、鼻かんだりしながらBMWを運転する映画、

f:id:yutakav8:20160306144344j:plain

 

-Cast-

86分間、ひたすら電話しながらBMWを走らせる主人公アイヴァン・ロックにみんな大好きトム・ハーディー メイキングで言ってたんだけどただ車を運転するだけで人を魅了できるのは彼だけだと制作者の意見が全員一致したとか。

この映画が86分間持つのはトム・ハーディーのおかげだね、完全に。         

この映画に「出演」するのはトム・ハーディーだけ。

他の人は電話の相手という設定なのでトム・ハーディー以外に顔は写りません!

まじかっけぇぇー

メイキングで知ったのだけれど、主人公の同僚ドナル、に「SHERLOCK」のモリアーティ役でおなじみアンドリュー・スコットだったとか 007にも出演されてましたよね

余談ですが日本語吹替え版のトム・ハーディーの声が「バトルフィールド ハードライン」のキャンペーンモードの主人公、ニック・メンドーサ役の人でした(たぶん)追記:デッドプールの吹き替え版もこの方が演じられたようで。

 

-Review-

この映画はMADでMAXなあの映画みたいなド派手な改造車は登場しないし(ひたすらBMW)V8エンジンを讃えたりしないし(主人公はコンクリートが大好き)FURYなROADを爆走するシーンはないのだけれど(86分間ひたすら高速道路)トム・ハーディーの代表作といっていいくらいの傑作だと思う                 

かつての過ちを正すために仕事も家族も失ってまで車を走らせる主人公の姿には哀愁を感じた。かつては落ちぶれ汚れていた「Locke」/「ロック」家の名を正すために『世界一向かいたくない場所』へ向かう姿はとてもかっこよかった。

この映画は『MADMAX FYRY ROAD』とは正反対の作品かもしれない(今日リバイラル上映に行って感じた)だからこそトム・ハーディーが演じたことに意義があったのだと思う。

FURY ROADとはセットで見るべき!