読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:初期位相

押井映画の深淵に向け疾走中

このblogの意義についての話、あるいは夢の話

about me 伊藤計劃 about blog

何度も書いてきたことだけれど僕がこのblog:初期位相を始めたのは伊藤計劃に憧れたからだ。計劃さんレベルの映画レビューなどの文章を書くために書けるようになりたいと思ってblogを始めたのだ。より多くの映画を見ること、より多くの文章を書くことが自分の目標、あるいは夢である伊藤計劃へと繋がっていくのだと今は信じてる。

-このblogの意義-

・文章の質の向上 

・自分がどんな映画を観たのか、どんなゲームをプレイしたのか、どんな本を読んだのか、記録しておくため

・自分が映画や小説を通して何を感じとることができたのか記録しておくため

・自分の感じたことを文章にできるようになるため

・パソコンに慣れるため、スキル向上

だね。blogはできるだけ長く続けたいし多くの人に見てもらえるようにしたい。(星がつくと嬉しいしね)でもメインは自己鍛錬。

 

-とある文系オタク少年の夢-

夢ではなく『目標』かな。それは伊藤計劃。作家になりたいわけではないのだけれど計劃さんの文章(特に第弐位相を何度も読むうちに)オタクの進化の方向として伊藤計劃というのは良い例、というか目標だという気がしたのだ。どの辺りがというのは次回

アニメ化なんて関係ない、ただ一人のオタクが小島秀夫監督作品、優れた映画を通して「虐殺器官」「ハーモニー」を書くに至ったという事実が好きなのだ。

小説を書きたいわけではないのだけれども、伊藤計劃の見た「世界」あるいは「価値観」に近づきたいのだ。